響きのキホン

今まで弾き語りや身体の研究をやってきて「そうか、こういうことだったのか」と発見したことが色々あります。その中で自分がいつも心がけていること、分からなくなった時にここ戻ってこようと思うエッセンスを、「キホン」という名でまとめていこうと思ってます。

以下、なんだこれは?な秘技「響きのキホン」を無料公開!。

まずは目次にしてみました。
ちょっと不思議ちゃん風な文章に見えるかもしれませんが、むしろ下町の水道屋の息子が職人さんみたいに喋ってると思ってください💦

今後ボチボチと書いていきます。文字にするかレッスン動画にするか考え中。
更新したらブログでお知らせします。


目次

身体のこと

  • 身体には三対の翼がついている:背中には腕が、お尻には脚が、エクボにはアゴが
    羽をたたんで佇み、静かに軽やかに優しく羽ばたく

ギターの構え方って?、音を鳴らしてみよう

伸び伸びと声を出すために

  • 口の「大きさ」に騙されない:ペンフィールドのホムンクルスは息をしない
  • 顎の動き:エクボは世界の通行手形、エクボが喉を自由にする
  • 出向いていくのか引き寄せるのか:あなたの咽頭が世界の中心になる。響け世界よ

緊張と弛緩の繰り返しでグルーブが生まれる

  • 一本締めを観察する:最も短い曲ってどんなの?
  • 小節線はゴールのゲート。だからエクスタシー
  • より大きな波に乗る陽キャはシンコペーションが好き
  • 練習で「ゆっくりやる」ってどういうこと?スローにキメていくムフフな時間

イパネマの娘をやってみよう

  • 一拍目で毎回終わるから続きが生まれる
    to be continued で最終回を目指せ/ハルヒの夏は終わらない
  • 最後にコードチェンジで次回予告
  • 単語のアクセントで小節線を乗り越える
  • 口は開けたままワンフレーズ歌い切る

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。