マイクロフォーサーズでやっていく

GH5+キットレンズ+中華モニター

この一二年はミラーレスカメラの技術革新がすごくてついていくのが大変です。ニコンの一眼レフを全部売ってパナソニックのミラーレスにした私でしたが、パナソニックもフルサイズをシリーズを出し始めて、マイクロフォーサーズは傍系の子みたいになってしまってました。なんせセンサーサイズが4倍ですからできることが違う。特にライブステージのような暗い状況ではマイクロフォーサーズは不利。どうしても階調とびが出てしまう。

俺\たちの防湿庫と呼ばれる棒カメラ通販/買取サイトでシュミレーションを繰り返しましたが、結果的には当面マイクロフォーサーズを続けることにしました。

階調跳び対応としては、LOG撮影(撮影時に圧縮、再生時に伸長)を試してみようと思います。オーディオのテープ時代のノイズリダクションと理屈は同じです。

asa

今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。