滑舌養成ギプス

先日のライブ記録にも書いたように、口の開け方とか喉の開き方とか気になってます。ポルトガル語の発音についてじっくり考えてみると、そもそも日本語の発音もいい加減な気がしてきたり。

ダメもとで滑舌養成ギプス買ってみました。とりあえずは良さそうな感触です。

たぶん理屈はシンプルで、四角いものを噛むことで動きを制限しておいて発音練習することで、今までのくせに頼らない動きを発生させようってことだと思います。そこはフェルデンクライスに似てるかも

私のことなので、力一杯噛みすぎて顎がおかしくなったり、はっきり発音しようとするあまり舌をガリっと噛んじゃったりする未来が見えますが、今まで同様乗り越えていきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。